きずなの想い

合同会社 きずな

06-6777-9960

〒544-0023 大阪府大阪市生野区林寺4-16-15

24時間365日メールでの問い合わせ可能

きずなの想い

メンタルケアであなたの「こころ」のサポートを

先ずは、思いや悩みを自分で整理できるように

精神科疾患により医療機関にかかっている患者数は近年大幅に増加しており、平成29年では約400万人を超えている。

内訳としては、多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症となっており近年は、うつ病や認知症が著しい増加が見られている。

しかし、精神疾患を有する入院患者数は、ここ15年程で約9割(平成14年:約34.5万人→平成29年:約30.2万人)に減少している。

また、人はそれぞれ性格、育ってきた環境、経済力など似ている部分はあると思うが全く同じという事はない。

ストレスや悩み、病気も同じで、ストレスを抱えたり、悩みを持ったり、病気になるのは人でありその人はそれぞれ違った生活を送っている為、それぞれ進行や発症、状況などが違う。

そういった中で、1人1人が自分の気持ちや悩みを整理する事で「今何が辛くてどういった事が必要なにか?」という事を共に考えていける様にしていきます。

生活習慣やリズムの調整、危険行為や事故を防止するための認知症・精神障害の看護など、大阪市で訪問看護を行う当ステーションでは、皆様のご要望に幅広く対応できます。

私たち自らの人間性の向上

人々のヘルスリテラジーの向上を目指し、クライアントと共に病気や治療について話し合い相談できる

訪問看護

医療が適切に行われている為には、「医師(医療者)とクライアント(患者)様との間で円滑なコミュニュケーションが不可欠である。

コミュニケーションがしっかりと取れてれば、クライアント自身が病気と向き合い上手く付き合う事ができる。

自分の病気や症状、飲んでいる薬を知る事が大切である。

「何に困っている」「医師(医療機関)との間にどの様な見解の差があるのか?」を調整する事が医療コーディネーターの役割であり、クライアントが決められる様にカウンセリングを行っています。

また、「まだ大丈夫」「自分は大丈夫」「症状がないから大丈夫」といった考えから通院されていない方や医療機関に行かれない方が多くいると考える。

しかし、症状が出現してからは重篤化している場合が多く、早期発見する事で早期治療につながり身体や心の侵襲は少なくなると考えられる。

そういった中で、カウンセリングや充実した相談業務をしていく事で一緒に考え話し合いができる関係を目指していきます。

健康相談で納得のゆく意思決定を支援

患者本人が納得ゆく治療を選べるように

健康相談

大阪と東京を拠点に全国対応のメンタルケアや医療相談などの相談のサービスを提供する「合同会社 きずな」では、認定医療コーディネーターによる健康相談を実施しています。
病気で悩んでいるが正直どうして良いかわからない。
どういう病院に、どういう医師を頼りにしたら良いのか。
思うように治療が進んでいないような気がする。
このような不安や悩みに耳を傾けます。

認定医療コーディネーターは、あくまでも医師と患者様の中間に位置するポジションですが、患者様が納得のゆく意思決定を支援し、最適な治療を選べるようサポートするのが、その役割です。
お気軽にご相談ください。

看護に関わる人材が日本の未来に必要

一緒に働く方を募っています(現在、募集は一旦中止しています)

利用者様とスタッフ

大阪と東京を拠点にヘルスケアサービスを提供する「合同会社 きずな」では、一緒に働いてくれる方を募集しています。
誰かのためになりたい、力になりたい、助けになりたい。
人とのコミュニケーションが希薄になり、人と接触せずとも業務ができるようになりつつある現代においては、こうした想いが実現できる仕事の一つと言えます。
少子高齢化が進み、高齢者の一人暮らしが増え、また家族のサポートなしには生活もままならない方が益々増えている世の中です。

だからこそ大阪市で訪問看護を行う当ステーションでは、介護、看護に関わる人材が、日本の未来に必要だと考えています。
明るい未来づくりのために大阪市の当ステーションで働いてみませんか。

お問い合わせはこちら

〒544-0023 大阪府大阪市生野区林寺4-16-15

24時間365日対応可能

TOP